ほっぺたが落ちるほど美味しい神戸牛を食べよう

>お役立ち情報>家族の記念日などに最適な神戸牛の調理方法

家族の記念日などに最適な神戸牛の調理方法

肉

基準を満たした肉

神戸牛は日本三大牛として知られています。神戸牛は小柄な但馬牛が食肉として改良が繰り返されて出来た肉で、肉の断面は霜降り状になっています。純血の血統を守り続けている兵庫県産の牛を、神戸肉流通推進新協議会の指定登録された生産者が肥育しています。厳格に管理された飼育環境が影響して見事な霜降りが特徴です。日本で一番厳格な審査を通過した但馬牛が神戸牛です。肉質は大きく分けると霜降りと赤身肉に分けられます。霜降り肉を好む人が多い中、最近はヘルシー志向が強まり、赤身肉を好む傾向が強まっています。脂分が少ないのでさっぱりした味わいが特徴であることも人気の理由の一つです。噛みごたえもあり味わいも深いものとなっています。

ウーマン

部位によって調理法

肉の部位によって適した調理法が異なる場合があります。部位によってそれぞれのメリットがあります。例えばステーキには霜降りの肉も赤身の肉もよく合います。好みもありますが、霜降り肉の方が柔らかく感じて高級感があります。美味しい肉とそうでない肉の見極め方としては、脂分の美味しさの違いが挙げられます。美味しいお肉は脂分が美味しいです。脂肪とは脂肪酸とグリセロールが結合したものです。脂肪酸の一つであるオレイン酸が大きく影響します。オレイン酸を多く含むと風味がよくなると言われています。神戸牛は兵庫県内に指定肥育農家があります。海外の牛肉と比較すると風味や味わいが大きく異なる場合があります。神戸牛の等級は一頭の牛から食用として利用出来る割合を基準化したものです。歩留等級がA、B以上になります。